News

YKK AP、大開口スライディング

メーカー名商品名
YKK AP大開口スライディング「APW511」

発売開放感と断熱性を両立

23629

 YKK AP(堀秀充社長)は、開放的で外と一体感のあるリビング空間や、窓からの眺望など、昨今の大空間・大開口ニーズの高まりを受け、大開口スライディング「APW511」を6月25日に発売する。最大サイズは高さ2730×幅4000ミリ(または2000×5500ミリ)と大開口ながら、省エネ・断熱性に優れるという。
 窓種は片引き窓、両袖片引き窓、FIX窓を揃える。単体での使用はもちろん、躯体柱を挟んで横並びに窓を配置することもできる。ガラス種は、Low−E複層ガラス、トリプルガラスと、今秋発売予定の真空トリプルガラスに対応する。
 当初は断熱性が最も高い樹脂での設計を考えていたが、樹脂はフレームのつなぎ目を工場で溶着処理する必要があり、運搬上の問題があった。そこで、現場にてネジ留めで組み立てられるアルミと樹脂の複合が採用された。堀社長は「アルミ樹脂複合窓だが、断熱性は極めて樹脂窓に近い。大開口と断熱性能の両方を実現できる商品だ」と説明した。
 そのほか、これまでの引き違い窓の10分の1の力で開けることができるスムースムーヴィング機構や、指はさみ防止ストッパーの採用など、操作性や安全性にも優れる。

 価格は片引き窓2230×2600ミリメートルで、40万6700円(税抜)。

(2019年6月10日号掲載)