News

DMG森精機、研削仕様の5軸機を伊賀事業所に導入

23647

 DMG森精機は研削仕様の5軸加工機「DMC 125 FD duoBLOCK」(テーブル径1100ミリ)を伊賀事業所の伊賀精密加工工場に導入した。同機は6月から本格稼働し、ターニングセンタの基幹部品であるサドルやY軸仕様のヘッドなどを量産加工している。
 同社は従来、専用の研削盤と横形マシニングセンタを用いて加工していたが、今回の機械導入により高周波焼入れ後の重切削から研削、摺動材貼り付け面などの修正加工も行える。「1台の機械でワンチャッキングで加工できるため段取り替えが不要となり、全体のリードタイムを約40%削減した」と言う。生産改善の様子は7月9~13日に開かれる自社展「伊賀イノベーションデー」で披露する。

(2019年6月10日号掲載)