News

人とくるまのテクノロジー展2019

多業種が「次世代モビリティ」提案

23663

 最新の自動車技術の展示会「人とくるまのテクノロジー展2019」(主催:(公社)自動車技術会)が5月22日から24日にかけて、パシフィコ横浜で開催された。
 日の丸交通とのタクシー実証実験や、コマツとの無人建機運用等、自動運転技術で注目されるZMPはレクサスSUV「RX450h」をベースにした自動運転開発用プラットフォーム「ロボカーSUV」を出展。自社開発の自動運転ソフト「IZAC」を組み込んでいるほか、「ADAS技術開発や自動運転車を使用したサービス開発に活用して頂ける」(同社)。
 車体軽量化につながる素材の提案も活発に行われた。三菱ケミカルでは再生可能な植物由来原料を用いたバイオエンプラ「DURABIO」を出展。従来の一般的なエンプラに比べ、耐衝撃性や耐候性などに勝るほか、「発色性がよく顔料を配合するだけで塗装品を上回る色合いを表現できる」という。すでにマツダ「CX−5」のフロントグリルパーツをはじめ、意匠性の高い内外装部品への採用が進んでいる。
 日本ポリプロは超高強度強化ポリプロピレン「ファンクスター」によるサンルーフフロントフレームを出展。ガラス長繊維と熱硬化性樹脂を溶融混錬して製造される同素材は、エネルギーの吸収性に優れ、「従来の短繊維強化樹脂より耐衝撃性と剛性を飛躍的に高めている」(同社)。また溶融流動性も良好で、成形性にも優れているという。
 素材メーカーから次世代のモビリティビジネスへの参入を睨む旭化成は、車内エンターテインメント「AKXYPOD」を参考出品。「五感でつながる車の未来」と銘打たれた楕円形のコンセプトカーは、木製の内装品や天井ディスプレイ、四季に合わせた香りを放つアロマディフューザーを搭載。「自動運転が実現した未来のモビリティを表現した。今後、この分野には積極的に取り組んで行きたい」と意欲を見せた。

(2019年6月10日号掲載)