News

シチズンマシナリー、MC20増産し年間100台へ

「個の量産」ニーズが拡大

23785

 シチズンマシナリー(中島圭一社長)は、自動旋盤の旗艦機種である、マルチステーションマシニングセル「MC20」の生産を6月末までに本社軽井沢工場から佐久事業所に移管。2021年度の目標とする年間生産100台に向けて増産を開始する。
 MC20は同社の事業コンセプト「個の量産」を実現する、自動旋盤の旗艦機種だ。旋盤機構の加工モジュールを3台、または4台搭載し、その組み合わせにより様々な加工工程に対応できる。単工程を連結した生産ラインと比較して、移設や生産品種の変更が容易になる。省スペース機ながら大量生産の超高生産性と変種・変量生産を両立できることが、自動車業界をはじめ、様々な業界から好評を得ており、年々受注が増加していた。
 同社では「販売先も大手企業から中堅企業まで広がり、また複数台をつなげた機械レイアウトも増加している。このため、佐久事業所へ生産移管し、組立エリアを拡大することを決定した」と言う。なお、同時に高精度チャッカーマシン「GNシリーズ」の生産も佐久事業所に移管させ、本社軽井沢工場は今後、Cincomブランド製品の増産体制を整える。

 

(2019年7月10日号掲載)