News

ユーエイ、部品加工サービス開始

試作から量産まで

23816

 ユーエイ(大阪府東大阪市、雄島耕太社長)は物流機器向けの部品加工技術を生かし、試作モデルから一般部品までを生産する「部品加工サービス:ファクトリーソリューション」を始めた。加工分野は自動車・物流機器、農業、医療などを想定する。
 切断、旋削、フライス加工、研磨、熱処理、表面処理などに対応する。加工する材料はスチール、アルミ、樹脂などの一般材料からチタン合金やステンレスなど。同社は「難削材の複雑形状にも対応し、要求される精度・仕上げ・品質・コストをクリアするため、材料調達から品質検査までの一貫生産体制を構築している」と言う。このサービスで2019年度に売上1億3600万円を計画。問合せは同社ファクトリーソリューション事業所(奈良工場、TEL.0743-57-7771)まで。

(2019年7月10日号掲載)