News

シチズンマシナリー、LFV搭載機が累計1500台突破

23913

 シチズンマシナリー(中島圭一社長)は7月4日、LFV(低周波振動切削)技術搭載機の出荷台数が4月に累計1500台を突破したと発表した。LFV 技術とは独自の制御技術により、切りくずを細かく分断させる加工技術。切りくずが長くなりやすい難削材旋削加工においても切りくずを細かく分断できる。ワーク表面へのキズ防止や切粉容量の大幅縮小などにより、長時間高精度加工を実現できる。
 同社では2013年からLFV技術の搭載を開始。16年以降、搭載機種を拡大させつつ、国内に続いて欧米、アジアでも搭載機を発売し、リピート購入が増加していた。今年6月にはコストパフォーマンスに優れたCincom「A20」にもLFV技術を搭載し、全8機種展開に。技術面も進化しており、円弧部やテーパ部の加工時にも2軸とも振動・補間を行ってLFV技術加工が行なえる。
 同社では「2021年度に年間1500台の出荷を目指す」という。

(2019年7月25日号掲載)