会社ガイド新着情報

高速ラムでサイクル運転3割時短

段取り性向上につながる多彩なOP

 大型プレスブレーキのイメージを大きく覆す。コマツ産機がそう豪語するのが「PVSシリーズ」だ。最大加圧能力は2250kN。コマツ独自の二重シリンダ構造を採用したことで、ラム速度を毎秒220㍉メートルまで高め、さらにサイクル運転時間を29%削減した。

 使い勝手を極めたという新操作画面(HMI)もポイントに。「わかりやすさ」「見やすさ」「操作のしやすさ」にこだわった新しい操作系で作業効率を大幅に改善した。ワークのクランプ・アンクランプはレバーで操作。パンチ交換の作業時間を80%短縮した。段取り性の向上につながるオプションも取り揃えており、代表的なものとして、特性のばらつく板材を自動補正する「t6ベンディングアイ」、データ作成工数を大幅削減できる「タブレットシミュレータ」がある。

24223