トピックス

ダイキン工業、マイクロ水力発電の実証実験を開始

小型・低コスト化で普及を推進

 ダイキン工業(十河政則社長兼CEO)は、空調・油圧機器の省エネ商品開発で培った技術を応用し、上水道施設の水流エネルギーを利用して発電する管水路用マイクロ水力発電システムを開発。11月19日より、富山県南砺市に開設する森清配水池小水力発電所にて実証実験を開始した。同システムは、環境省「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」に採択されている。
 ダイキン工業の開発した縦型管水路用マイクロ水力発電システムは、コストと設置スペースの問題から普及が進みにくかったマイクロ水力発電の課題を解決するもの。「従来の横型マイクロ水力発電システムに比べ、設置面積が1/2で導入コストも大幅に削減できる」(同社)。
 発電機とコントローラーの一体化で小型軽量化を実現し、狭小箇所にも設置可能になった。また、汎用ポンプなどの量産部品を活用するほか部品点数を削減し、コストを大幅に削減。インターネットを介した発電システムの維持管理支援などで、メンテナンスコストも大幅に削減できるという。
 発電電力は最大22kWで、年間最大発電量は一般家庭38軒分に相当する135MWhを見込む。電力消費量の多い上水道施設や、水を多く消費する工場内の施設への導入が想定され、「実証実験を通じて得たノウハウをもとに全国への普及を推進し、CO2排出量の削減に貢献する」(同社)としている。