メーカー情報

切削・補要
工具

カトウ工機(株)
KATO MFG.CO.,LTD.

本社 〒254-0076 神奈川県平塚市新町2-65

TEL. 0463-36-1511(代)FAX.0463-36-1121

ホームページアドレス http://kato-koki.com/

同期制御のマシニングに「マイクロフロートタッパー(微少伸縮)シリーズ」

 同期制御マシニングセンタの「同期ズレ」を微少伸縮により補正。タップ寿命の延命や精度の高いネジ山形成を可能にする「マイクロフロートタッパー」シリーズを紹介します。

マイクロフロートタッパーシリーズ
1.長年の実績と操作性に優れた「HA-M-OHC型」
・タッパーのロングセラー「SAシリーズ」のラインナップで、TC-MO型コレットを使用した、微少伸縮タッパー
・タップ、タップコレットの交換もワンタッチ
・操作性と工具干渉に優れたTC-MO型、TC-L-MO型を使用
・標準でセンタースルークーラントも使用可
・MQL(ミスト)にも使用可
・M3〜M36の広い守備範囲
2.タッパーの操作性とコレットチャック並みの振れ精度を誇る「SSR-OHC型」
・CAシリーズの微少伸縮タッパー
・タップコレットは標準で6種類の長さを持つ、TCAシリーズを使用
・標準サイズより180ミリも長い「L+90」コレットでも、独自のクランプ方法によりタップ先端の振れ精度0.1以下を実現
・タップ交換は従来同様、ワンタッチで可
 工具長の補正も不要
・もちろん、センタースルークーラントも使用可
・M2〜M27に対応

3.高速回転、高圧クーラント対応 M1〜12に対応「ESS型、ESS-OHC型」
・RFシリーズの微少伸縮タッパー
・ER-GBコレット使用により、0.02以下とコレットチャック並みの振れ精度が可能
・M1〜3用のESS103型とM3〜12用のESS412- OHC型の2機種
・ESS412-OHC型はセンタークーラントスルーにも対応
・穴付きタップはもちろん、通常のタップ取り付けによる「コレットスルー」も可能
・超硬タップによる高速加工も安心

営業品目

NC工作機械(マシニングセンタ、旋盤)用タッパー
汎用機械用タッパー、各種工具保持具、各種切削油剤

会社概要

〇創 立 大正7年4月 
〇設 立 昭和34年9月
〇資本金 2,500万円
〇従業員 約50人
〇代表者 加藤 祐造

人事録

〇代表取締役会長  加藤 一江
〇代表取締役社長  加藤 祐造
〇取締役・開発部長 北原 寛巳
〇監査役      倉石 義久

事業所

〇本社・平塚工場
〒254-0076 神奈川県平塚市新町2-65
TEL(0463)36-1511(代)FAX(0463)36-1121
〇東京営業所
〒108-0074 東京都港区高輪3-7-16
TEL(03)6408-6511(代)FAX(03)6408-6510
〇中部営業所
〒463-0811 愛知県名古屋市守山区深沢1-706-2D
TEL(052)736-1211(代)FAX(052)736-1529
〇関西営業所
〒650-0015 兵庫県神戸市中央区多聞通4-4-13
(歩11番館503)
TEL(078)371-1351(代)FAX(078)351-2009

  • 24896

    マイクロフロートタッパーシリーズ

  • 24891

    BT40-HA412-M-OHC型

  • 24892

    HSK-A63-H-SSR412-OHC型

  • 24893

    STT19.05-ESS103型

  • 24894

    C6-ESS412-OHC型