会社ガイド新着情報

同期制御のマシニングに「マイクロフロートタッパー(微少伸縮)シリーズ」

 同期制御マシニングセンタの「同期ズレ」を微少伸縮により補正。タップ寿命の延命や精度の高いネジ山形成を可能にする「マイクロフロートタッパー」シリーズを紹介します。



マイクロフロートタッパーシリーズ

1.長年の実績と操作性に優れた「HA-M-OHC型」

・タッパーのロングセラー「SAシリーズ」のラインナップで、TC-MO型コレットを使用した、微少伸縮タッパー

・タップ、タップコレットの交換もワンタッチ

・操作性と工具干渉に優れたTC-MO型、TC-L-MO型を使用

・標準でセンタースルークーラントも使用可

・MQL(ミスト)にも使用可

・M3〜M36の広い守備範囲

2.タッパーの操作性とコレットチャック並みの振れ精度を誇る「SSR-OHC型」

・CAシリーズの微少伸縮タッパー

・タップコレットは標準で6種類の長さを持つ、TCAシリーズを使用

・標準サイズより180ミリも長い「L+90」コレットでも、独自のクランプ方法によりタップ先端の振れ精度0.1以下を実現

・タップ交換は従来同様、ワンタッチで可

 工具長の補正も不要

・もちろん、センタースルークーラントも使用可

・M2〜M27に対応



3.高速回転、高圧クーラント対応 M1〜12に対応「ESS型、ESS-OHC型」

・RFシリーズの微少伸縮タッパー

・ER-GBコレット使用により、0.02以下とコレットチャック並みの振れ精度が可能

・M1〜3用のESS103型とM3〜12用のESS412- OHC型の2機種

・ESS412-OHC型はセンタークーラントスルーにも対応

・穴付きタップはもちろん、通常のタップ取り付けによる「コレットスルー」も可能

・超硬タップによる高速加工も安心

24895