News

パナソニック、太陽光パネル&パワコン

メーカー名商品名
パナソニック太陽光パネル&パワコン

高効率、250Wモジュールで19.5%

254

 パ ナソニック(エコソリューションズ社)は出力と変換効率を向上した住宅用太陽電池モジュール「HIT」3種と、屋外設置可能タイプでは業界トップクラスの 電力変換効率(96%)を実現した「屋外用マルチストリング型パワーコンディショナ4.6kWタイプ」の受注を6月23日に始める。
 太陽電池モジュールは「244α」(最大出力244W)、「250α」(250W、受注生産品)とこれらと組み合わせられる小型の「ハーフタイプ N120α」(120W)の3種で、いずれも単結晶シリコンを薄いアモルファスシリコンで挟んだハイブリッド型。低反射ガラスの改良や電荷ロスの防止など で19.5%(250α)のモジュール変換効率を誇る。
 補助金の打ち切りや売電価格の低下で国内の太陽電池市場は今年をピークに縮小すると見られるが、同社は「我々がターゲットとする住宅用と50キロW未満 の低圧案件は(少なくとも)2016年度まで堅調に推移すると見ている。性能の高さで差別化を図りたい」(太陽光・蓄電池商品営業企画チームの吉澤正昭 リーダー)とする。現在のモジュールを含むシステムの機器瑕疵保証10年を15年に無償で延長するサービスを展開し(モジュール出力は20年の無償保 証)、9月末までの受注に対し抽選で5万円のキャッシュバックも実施する。税抜標準価格は6万6500~16万3000円で、3種で年間8万セットの販売 を目指す。
 パワーコンディショナはクラス最多となる最大電力追従(MPPT)回路を4回路搭載。回路ごとにモジュールの枚数をそろえる必要がなく、様々なモジュー ル構成に対応できる。また電力変換効率が高いため、朝夕や曇りの日など低~中出力領域でも効率よく発電するという。税抜標準価格41万円で、年間1万台の 販売目標。