News

エンジニア、グッドデザイン賞に工具2点

細部に渡る工夫を評価

2549

 2014年度グッドデザイン賞に、エンジニア(大阪市東成区)のプライヤー「ネジザウルスRX」と精密圧着ペンチが選ばれた。
 ネジザウルスRXは、頭の潰れたネジや錆びたネジが外せる販売累計200万本の人気シリーズの新製品。全長を大きくしたことで少ない力で作業できるようになった。審査委員からは「ネジの頭をしっかり把握するために考案された先端形状、ネジを回す回転方向への力を無駄なく伝えるための部品構成など、細部に渡る工夫が素晴らしい」とのコメントを受けている。
 精密圧着ペンチは、ダイス交換で300種類以上の金属端子に対応できるのがポイント。力を伝えやすいパワーグリップに加え、ワイヤーストリッパとカッター機能が付いている。別売りのダイスに付け替えれば、さらに多くの端子に使えるため、持ち運ぶ工具の本数を減らせる。「ダイスユニットを交換式にすることによる利便性と、専用プレス機並みの高い加工精度という、本来であれば相反する機能を両立させている」(審査委員)点が評価された。