News

23年には3人に1人が5G利用

5G市場初動は緩やか、IDC調査

26230

 IDC Japanは国内5G携帯電話と5G通信サービス市場予測を発表した。国内では、5G対応携帯電話は2019年の10月~12月頃に出荷が開始されるが、この時点ではごく少量の出荷台数になるだろうと見通した。23年頃の5G対応携帯電話のシェアは携帯電話市場全体の28.2%の約870万台の出荷と予測。しかし5G対応携帯電話の普及速度は比較的緩やかで、比率が50%を超えるのは23年より先になる見込みだ。 
 同社の携帯端末&クライアントソリューション シニアマーケットアナリストの菅原啓氏は「現在展開されているスマートフォン向けの主要なサービスは4G/LTEで十分なところもあり、5G対応携帯電話の普及の速度は比較的緩やかだろう」と分析している。
 また5G通信サービスの契約数については、5G対応携帯電話の普及と連動して増加するとみる。これに、エンターテインメント施設からの高精細映像のリアルタイム配信、AIによる工場設備の予知保全ロボットや建設機械の遠隔操作など産業分野でのIoT回線としての活用などが加わることで、23年には3316万回線で、モバイル通信サービス全体の13.5%を占めると予測した。

(2019年8月25日号掲載)