News

ベッセル、電動ドライバー8機種投入

メーカー名商品名
ベッセル電動ドライバー

熱発生抑え、性能維持

2633

 ベッセル(大阪市東成区)は、スロットレス・ブラシレスモーター採用の電動ドライバーを製品化した。ネジ径2mmの精密ネジから高出力が必要な4mmタッピングまでの幅広いニーズに対応するため、8機種(出力トルク0.15~4.5Nm)をラインナップした。
 低騒音と摩耗の少なさで定評のあるブラシレスモーターに、回転ムラのないスロットレス構造を加えた。作動時の熱発生が少なく、電気抵抗の変化による効率低下を防止できるのが特長。インバータ回路で駆動させることで、振動の少ない滑らかな回転、負荷に応じた最適速度の制御を可能にした。
 本体を握るとレバー位置が「自然と指にフィットする」形状に設計した。人間工学に基づいたデザインとして、振動を吸収するゲルパッド、すべりにくい表面仕上げを取り入れている。
 主な機種は、横方向からのネジ締めに適したプッシュ始動式、縦方向に便利なレバー始動式、100Vコンセント接続でコントローラが不要なACタイプなど。DCタイプのコントローラは、セル台のパイプに取り付けやすいように背面がRカットされている。
 トルクは、16段階×8目盛で調整可能。いじりスリーブの標準装備で誤作動を防止する。ベッセルは「先端工具と動力工具は切り離せない関係。電動ドライバーの事業に参入することは重要な課題だった」として、一部機種を除いて同社製の両頭ビットが使用できる構造になっている。