会社ガイド新着情報

AIを事業に活用できる人材の育成をめざした社内講座「ダイキン情報技術大学」を開講

 AI活用を推進する中核的な人材育成をめざして、情報科学分野を中心とした包括連携契約を締結している大阪大学の教授が当社社員を教育する社内講座「ダイキン情報技術大学」をテクノロジー・イノベーションセンター内にて開講しました。

 当講座では、各分野の技術者に加え、空調事業や化学事業、コーポレート部門の企画担当者など、社内の幅広い部門から選抜された受講者を対象に9ヵ月間のプログラムを実施します。これにより、社内でのAI活用を推進できる人材を育成していきます。

 AIやIoTの活用が不可欠になる中、大阪大学の先進的な知見と当社が持つ空調・産業技術のノウハウを結びつける本講座を通じて、2020年までにAI人材を1,000名に増強する計画です。さらに将来的には、この取り組みを管理職や役員、全社員にも広げることで、新たなイノベーションの創出をめざします。