News

ユキワ精工、コレットホルダ

メーカー名商品名
ユキワ精工小径把握用コレットホルダ「スマートチャック」

φ4以下、小径用のコレットホルダ

2663

 ユキワ精工(酒巻和男社長)は、ツーリングシステムφ4以下の小径把握用コレットホルダ「スマートチャック」を開発、11月から発売している。
 部品の小型化を映して工作機械のダウンサイジングが進んでいること、また5軸加工などでの干渉回避の為、ツーリングにスリム設計要求が高まっていることに対応した。φ4以下にターゲットを絞った「スマートチャック」として、シャンク形状で6種(型番ベースで13機)を揃えた。
 ワークへの接近性が良好なうえ、総合芯振れ精度5ミクロンを保証。このため高精度加工に適し、芯振れを抑え込むため工具への負荷が大幅軽減、工具寿命も伸ばせる。
 またコレット(別売り)は、1/10テーパとダブルテーパ方式を採用して高把握力を実現した。一般的なテーパコレットに対し1・5倍~2倍の把握力があるという。