News

パーパス、給湯暖房用熱源機で新製品

メーカー名商品名
パーパスGH−HDシリーズ

ドレンアップ式採用エコジョーズの施工、簡易・低コストに

2666

 パーパス(髙木裕三社長)は新築集合住宅向けのエコジョーズ給湯暖房熱源機として、新たにGH−HDシリーズ(24号フルオート及び同オート)を12月1日から発売した。
 ドレン処理用配管をユニットバス内に施工する「ドレンアップ方式」を採用したのが最大の特長。これによりエコジョーズを新築集合住宅に設置する際に必要だったパイプシャフト内でのドレン処理専用立て管工事が不要になり、エコジョーズ設置工事の短縮と施工費軽減を可能にする。同社ではこの新熱源機を切り口に「エコジョーズの拡販」を狙う。
 熱源機自体の機能も充実させた。床暖房用の3Pヘッダーを内蔵し、浴室暖房乾燥機と床暖房(3系統まで)の温水暖房に対応できる。塩害対策用の塗装を標準採用したほか、排気バリエーションも多彩に揃えた。各種のエコ運転機能をつけ、入浴サインを台所リモコンに表示し、長時間入浴すると浴室リモコンからメロディが流れる新機能「入浴お知らせ機能」(710シリーズリモコンに搭載、フルオートタイプのみ対応)なども揃えた。
 希望小売価格(税別)は写真の24号フルオートタイプ、屋外壁掛形/PS標準設置仕様で52万6000円。同オートタイプは49万4000円から。