News

コロナ、ルームエアコン2015年モデル 来年2月販売

メーカー名商品名
コロナWシリーズ

全商品に新冷媒、PM2.5フィルターも

2670

 コロナ(新潟県三条市東新保7-7、TEL.0256-32-2111)は、ルームエアコンの2015年モデルとして、暖房性能を高めるなどしてオールシーズンに対応させた主力の「Wシリーズ」など3シリーズ・11機種を来年2月上旬から順次発売すると発表した。価格はすべてオープン。
 全商品に新冷媒「HFC32(R32)」を採用する。従来の冷媒(HFC410A)に比べ地球温暖化係数が低く、エネルギー効率に優れ、各商品の環境性能を向上させる。
 発売する3シリーズのうち主力となる「Wシリーズ」は、暖房能力が最も高く、機能も高度に豊富。低温暖房能力で5・2キロワットと高出力で、外気気温が低い状態でも安定した暖房能力を発揮する。暖房の立ち上がり時間を早める「暖速モード」機能により、運転開始後、約2分で温風を出せるほか、温風を床面全体に効率よく吹き出す「新気流Wルーバー」と組み合わせることで、部屋を床面からムラなくしっかり暖められる。さらに、室外機の熱交換器に付着する霜を溶かす除霜運転中も暖房運転を継続できる「ノンストップ暖房」機能を搭載する。
 梅雨時の対応としては、部屋をからっと爽やかにする除湿機能を2つ、寒くならない除湿(再熱除湿)と、電気代を節約しながら除湿する「涼除湿」(弱冷房除湿)をリモコンで都度選べる。エアコン内のウイルスの抑制や除菌、脱臭効果が10年間持続する「10年交換不要フィルター」を引き続き搭載の一方、目に見えない細かなホコリや粒子を高効率に捕集するPM2・5対応フィルターを新たに搭載する。
 Wシリーズは定格冷房能力(kW)で2・2、2・5、2・8、4・0の4機種。他にNシリーズとして冷房能力がWシリーズと同じ4機種を揃えた。冷房専用エアコンも3機種をラインアップ。