News

「白色」ファナックロボ、エグロの小型旋盤に搭載

2692

 先月東京で開かれたJIMTOFで、ロボット通にオヤッ?と思わせたのは小型機や自動化システムで定評のエグロ(長野県岡谷市)だった。ブース正面の小型CNC旋盤に搭載したのは黄色でなく「白色」のファナック製垂直多関節ロボット(6軸)。白色はこのロボットが市場に出た頃から共同開発するようにして採用してきたことを示す異例の扱いだそう。「指定色(白色)を使えるところはまずない」と省スペースでの無人化セル構築で他社と一線を画すことを強調していた。
 このほか機内の刃物台、バーフィーダーをそれぞれ活用した小型旋盤ベース機もブースに並べた。同社は「ワンストップでの無人化対応は以前からやってきたが、今回はラインナップが揃った」と自信を覗かせた。