News

明治機械製作所、デュアルコンプレッサに新機種

メーカー名商品名
明治機械製作所デュアルパッケージコンプレッサ「APKシリーズ」

11・15kW追加、乳化防止も

27087

 明治機械製作所(大阪市淀川区田川2-3-14、TEL.06-6309-8151)は、圧縮機2台搭載のデュアルパッケージコンプレッサ「APKシリーズ」に定格出力11kWと15kWを追加した。吐き出し空気量は11kW仕様「APK-D110」(=写真)で毎分1320ℓ。空気量に応じて圧縮機を1~2台運転することで無駄な動力を節約する。片方の圧縮機がトラブルなどで使えない場合でも、もう1台で単独運転が可能。「1台を非常時の補機として活用できる」という。主機と補機はスイッチで切り替えられる。新たに乳化防止スイッチを搭載。アンロード運転を延長し、コンプレッサオイルの乳化を軽減する。標準価格は11kW仕様で税抜156万円。