LONG TWEET

今号(10月25日号)より

今10月25日号ではモノづくりに関する複数の特集を組んだ。そのなかで「作業工具の価値」と「作業環境改善のポイント」をそれぞれ特集として連続的に綴った。作業者が安心安全に作業でき、しかも彼らにできるだけ負荷をかけず、効率のいい仕事をやってもらうとの姿勢は、働き方改革法案の来年4月からの本格運用(中小企業も対象に)を前に、いわゆる町工場などにおいても急に高まってきた。作業工具もそうした流れにマッチした新製品が続々登場する。

作業工具は、成熟商品といわれてもう久しいが、機能、性能、デザインなどの面で想像以上に進化している。使ったときの格好良さ、愛着を得やすいフォルム、モノによっては形状を変えることで作業領域を広げたものなど、プロユースに一層応える品々が市場で競い合っている。作業工具特集では、代表的なメーカーの商品をピックアップし、開発者のこだわりを記者がこだわって「虫眼鏡」を当てるように調べて記した。ご一読いただければ幸い。