コラム

2019年10月25日号

 今年のノーベル化学賞に、リチウムイオン電池開発に貢献した日米3人の科学者が選ばれた。一人が旭化成名誉フェローで名城大学教授の吉野彰氏。長年の研究を通じ、炭素繊維材を電池の負極側に使うことで課題を解決できると突き止め、リチウム電池の構成要素を技術的に確立した▼ニコニコと朗らかな紳士。受賞会見では同席した上品でユーモアのある奥さんも好印象を与え、祝福の輪が広がるのを見た気分。「研究者は柔軟性と執着心の2つを併せ持つべき」のコメントが心に響く▼さて、ここから話が日常レベルへ落ちてしまうが、小生、リチウムイオン電池を電動工具の絡みで追った経験がある。20年ほど前。当時この電池は電子機器や携帯電話に用途が限られていた▼電池関係の工業会を訪ね「いずれ電動工具にも使われそうですね」と聞くと、相手は一笑し、そんなパワーなどこの電池にない。キミ勉強して出直しなさいと、実際に追い返されてしまった▼けれどメーカーが用途開発に動いていたのは掴んでいて「電動工具もリチウムの時代間近」と強引に書いた記憶がある▼数年後、B社が世界初のプロ用リチウムイオン電池工具を発売し大ヒット。今やハイブリッドカーもEVも、この電池が心臓部に座る▼工業技術に詳しい年配の知人は「技術は、壁を乗り越えると一気に突き抜けて発展するものだ」と話すが、まさにこの電池が象徴する。壁を乗り越えた吉野氏の功績に、改めて敬意を表したい。