News

山善、農業Weekに出展

園芸・エクステリアからプロツールまで

27373

 山善は、10月9~11日まで千葉幕張メッセ国際展示場で開催された「第9回農業Week」に出展した。毎年、園芸機器やエクステリア用品を中心に展開していたが、今回はマテハン機器や測定機器などのプロツールまで幅広く展示した。
 猛暑の影響を受け、空調ウェア「カゼフィット」の売れ行きが好調と言う。「2018年は1万2千着、19年は6万着販売した。特に売れ行きが良かったのはベスト。20年は更なるシェア拡大を図るため、機能性とデザイン性を高めた。スポーツ観戦やキャンプ、釣りなど、仕事以外の様々なシーンでも着ていただきたい」(山善)。
 「空調ウェアは風で膨らみ、スタイルが悪く見えるのを気にする人がいる」と言い、20年モデルには、腕と胴の横部分をホック(スナップボタン)で留めて締める「ふくらみカット」を施した。また、UVカット素材を採用したウェアもラインナップし、20年春頃の発売を予定している。空調ウェアのほか「アグリレインスーツ」も展示した。
 9月末に発売した「肩かけキャリーベルト」は、採取コンテナを肩から楽に下げられるという。「肩のパッドは伸縮性のある柔らかい素材で、肩への負担が軽減できる。カゴに取り付ける金具が斜めになっているので、カゴを平行に保てる」(山善)。
 各メーカーの製品も展示。マルナカは同社の農園芸機5機種でバッテリーを共有できる「エレテカ40V」を展示した。「近年、エンジン式は排ガスの影響や、紐を引っ張ってエンジンをかけるのが難しいという声があり、バッテリー式が好まれる傾向にある。また、バッテリー式の方が軽量設計で、作業時の負担が軽減できる」(マルナカ)という。
 ベクトリックスの測定データ無線受信機「テレメジャーII」は、デジタル測定機器に無線送信器を取り付けて、パソコンに接続された受信機を経由し、測定データをパソコンに自動入力できるもの。国内外で販売されている主要なメーカーの測定器に対応できるのが特長だ。
 同製品は主に製造業で導入されているが、会場ではりんご農家での事例を紹介。毎日りんごの大きさを1人がはしごに登り測定し、もう1人が紙に記録していたが、測定工具にトランスミッターを取り付けたところ、1人での作業が可能になったという。
 「作業人数を削減できるだけでなく、測定結果のデータ化ができる。蓄積したデータから収穫時期の逆算も可能だ」(ベクトリックス)

(2019年10月25日号掲載)