識者の目

片付けられない人必見? 限られた空間での収納・インテリアのいろは

27874

実際の案件例(After)。
ベッドそのものは変えず、
小物や照明、カーテンなどを
駆使してこだわりの空間に。

 快適な生活を営む上で、避けては通れないのが住空間の整理整頓。これが不十分なままでは、スマートライフなど夢のまた夢だろう。建築士・インテリアコーディネーター・整理収納アドバイザーの資格を持ち、住まいのトータルコーディネートを手がける守田整理収納建築研究所の守田順子所長に、限られた空間でも快適に暮らすための収納・インテリアのポイントを聞いた。

はじめに

 日本は従来「住」に対する優先順位が低く、物件探しの際も「どんな暮らしがしたいか」より、「間取りや収納がどれだけほしいか」といった形式的なことにこだわる人が多いといわれています。ですが、自分らしく暮らす上で住まいを整えることはとても大切です。きちんと整っているお宅だと、「リラックスして読書をする」「お酒を一杯嗜む」といった余裕が生まれ、生活の質そのものが向上します。

心構えと下準備

 まずは家具の購入から始めないことです。皆さん家具を買えば何とかなると思いがちですが、その前に必ず空間の採寸を。また、自分好みのテイストを見つけることも大切です。しっかりとイメージを固めたうえで買い物に行きましょう。ポイントとしては、ものにとらわれないことです。まずは所有物を見直し、手放すことから始めないと。がむしゃらに片付けるだけではリバウンドしてしまいます。必要なものをしっかり把握することが重要で、そうすると自ずと買い物の仕方も変わります。

キッチン

 シンク下にはザルやボウルなど、水周りで使うものを収納し、コンロ下には鍋やフライパンを収納することで作業動線が短くなります。また防災の観点から、吊り戸棚に土鍋など重たいものを置くのはNGです。インテリアで言うと、ツールの色やメーカーを統一するとまとまった印象になります。

リビング

 1LDKや1Kだと、物の量に対して極端に収納が少ないことも多く、家具で補っていく必要があります。また、高さ方向を有効に使うことも効果的です。家具の色で迷った場合は、床かドアどちらかに合わせればすっきりとした空間になります。小物はグリーンやクッションカバーが取り入れやすくておすすめ。リビングは入ってすぐに見える場所が見せ場ですので、そこが整っているとスマートに見えます。ご自身のパワースポットにもなりますから、ちょっとしたテーブルと椅子、グリーンとフロアランプだけでも良いので、是非こだわりの場所を作ってください。

クローゼット

 クローゼットの中はハンガーを統一しましょう。また、持っている服を色鉛筆の順番に掛けるのもおすすめです。統一感が出ますし、自分の持っているものが把握しやすくなります。コーディネート時間の短縮にもなります。

NG例

 ドアの入口付近に背の高い家具があると、圧迫感を感じます。また、家具の高さがまちまちだとスマート感が出ないので、多少収納できる容量が減っても高さは統一するのがおすすめです。日照を遮るレイアウトもNGですね。片付けができていないお宅の共通点として、カーテンが閉まったままだったり、換気があまりされていないことが多い印象です。また、収納に関しては容量オーバーに注意を。空間に対し7~8割の量を心がけないと、衝動買いや頂き物に対応できず、床に溢れ返ってしまいます。

整理整頓が苦手な人へ

 収納で大切なのは、カテゴリ分けと物の「住所」を決めることです。片付けをルーティーンとして固めてしまうのがベストですが、カテゴリ分けができていないとルーティーンがスムーズに行えません。ただ、必要以上に細かく分ける必要はなく、例えば「文具」などのカテゴリでまとめてしまうだけでも充分です。
 また、忙しい人にはよく言いますが、靴下やタオルなどもブティックや雑誌のように完璧に畳む必要はありません。極端に言えば、畳まず「投げ入れ収納」するだけでもOK。無理をしてしまうと、もっと大切なことに手が回らなくなります。楽をするところは楽をして、ご自分に合った収納方法を見つけてほしいですね。

守田整理収納建築研究所 守田 順子 所長

守田整理収納建築研究所所長。建設設計・施工会社に14年間勤務し、2006年に独立。フリーランスとしての経験を経て、2011年に同研究所を設立した。二級建築士、インテリアコーディネーター、ホームステジャー一級、ホームステジャー二級認定講師、整理収納アドバイザー一級の資格を持ち、住まいのトータルコーディネートを数多く手がける。