News

アキュラホーム、無人モデルハウスをスタート

ロボットが来場者を案内

28138

 アキュラホーム(宮沢俊哉社長)は4月1日より、さいたま新都心コクーンシティ展示場(さいたま市)のモデルハウスで、AIやIoT、ロボット技術を活用した無人モデルハウス「ミライモデル」をスタートした。
 カメラやセンサ、自走式案内ロボット「ゴーカンナ君」を組み合わせた無人モデルハウスシステム。遠隔操作で来場者の呼び込みからモデルハウスの案内、住宅提案まで行える。
 同社はシステム導入のきっかけについて、「『気楽に見たいのに営業されるのが気になり入りづらい』といったお客様の声があり、6年前より研究開発に取り組んでいた」と話す。「また新型コロナウイルスの流行に伴い、当社のモデルハウス来場者は前年比3割減。非接触で接客できるよう、システム開発を加速させた」という。
 今後、全国にある同社・グループなどのモデルハウスにもカメラなどを配備予定。「全国130カ所のモデルハウスをバーチャル見学できるようにする。5G時代を見据え、リモートシステムの拡大を図る」。

(2020年4月10日号掲載)