News

ベッセル、油に強い木樹脂ドライバー

メーカー名商品名
ベッセルウッディドライバー

締め付け力を維持

2831

 ベッセル(大阪市東成区)は、油がついた手でも滑らない木樹脂グリップ採用の「ウッディドライバー」を発売した。 油の使用頻度が多い自動車、二輪、機械などの整備作業を想定して開発した。グリップは、木材70%、プラスチック30%の割合で配合した木樹脂を射出成型したもの。木粉を多く入れることで、木柄ドライバーのような手になじむ質感や肌触りを具現化した。
 締め付け時のトルクに対して、グリップ表面の粗い木材粉が油分の流動を止める仕組み。同社の試算データによると、油付着時の締め付け力が従来製品で50%以下に下がってしまうのに対して、「ウッディドライバーは3%しか下がらず、油が付いてもほとんど変わらない」という。
 ベッセルが製造するドライバーのうち、樹脂製グリップは約9割。「カラフルで機能性にも優れた」樹脂製が伸びる一方、木製グリップはごくわずかに。同社はウッディドライバーの販売を通じて、木の風合からくる愛着感、香り、耐久性の良さを提案する。