News

佐川急便、台湾ベンチャーと協業し小型EV開発へ

28537

 佐川急便とASFは6月、小型電気自動車の共同開発および実証実験を開始する基本合意を締結。両社によるプロジェクトチームを立ち上げ、試作車を製作するとともに、温室効果ガス削減及び業務作業や車両における課題を検証する。
 開発車両については、軽自動車規格のキャブバンタイプを予定しており、十分な安全性を確保した上で将来的な自動運転も視野に入れた開発を目指す。「今回の共同開発では走行中の二酸化炭素などの温室効果ガスや大気汚染物質を全く排出しない高い環境性能を備えた車両や、各種安全装置の開発に取り組み、脱炭素社会の実現を目指していきたい」としている。
 日本国内での電気自動車の普及促進を図るため、ファブレスメーカーとして設立されたASFは、バッテリーを活用した持続可能な社会創りを見据えビジネスを展開している。同社は台湾の大型企業グループである台湾プラスチックグループ(FPG)から資本支援と高品質バッテリー材料の供給を受けている。
 佐川急便によると「国内EVベンチャーのFOMMより、技術協力を得て事業を進めていく。最初の取り組みとして、B2B向けニーズを満たす電気自動車の開発を2021年中に実現したい」としている。

(2020年7月10日号掲載)