News

ハウステック、新型合併処理浄化槽を発売

メーカー名商品名
ハウステックハイバッキーKRSシリーズ

既設単独槽からの入れ替えが容易

28540

 ハウステックは新型合併処理浄化槽「ハイバッキーKRSシリーズ」(5・7人槽)の出荷を開始した。今年4月に改正された「浄化槽法」では、生活環境の保全および公衆衛生上重大な支障が生ずるおそれのある単独処理浄化槽から合併処理浄化槽への入れ替えを促している。同製品は、既設単独槽から合併処理浄化槽への転換のしやすさを意識して設計したという。
 同製品は従来品よりも全高・全幅をコンパクトに設計した。そのため、ミニショベルやさらに小さい重機でも作業が可能になり、従来品よりも入れ替え工事が容易になる。さらに掘削深度が浅いので、掘削時の湧水リスクが軽減され、水替え工事が不要になる可能性があり、施工性も向上するという。
 ほか、新水処理方式により必要空気量を少なくし、ブロワの消費電力を30%低減した。「年間2400円ほど電気代がお得になる。また逆洗作業がなくなったのでブロワ空気口が1本、マイコンも不要になり、管理がしやすい」(同社)。
 価格は5人槽(D950×W1990×H1365)は68万円、7人槽(D1120×W2250×H1365)は93万円(共に工事費・税別)。

(2020年7月10日号掲載)