News

キヤノン、AGV・AMRへ映像解析ソフトウェア提供開始

第一弾として日本電産シンポと協業

28776

 キヤノンは8月5日、カメラを用いて自己位置推定と環境地図作成を同時に行う「Visual SLAM技術」を含む映像解析ソフトウェア「Vision-based Navigation Software」の提供を開始した。AGVやAMRなどの移動ロボットにおける「眼」の役割を果たすこのソフトウェアを協業メーカーへ提供することで、拡大の続く移動ロボット市場に新規参入する。
 Visual SLAM技術はMR(複合現実)の技術開発で同社が培った、周囲の静止物をマーカー代わりにする空間特徴位置合わせ技術を活用することで実用化を果たしたもの。幅広い画角で撮影されたカメラの撮影データを用いて周辺環境の3次元情報とカメラの位置姿勢を同時に推定するため、レイアウト変化の多い現場でも柔軟に対応できるという。
 移動ロボットメーカーとの協業の第1弾として、日本電産シンポが8月5日に発売した自動搬送台車「S-CART-V」シリーズに、Vision-based Navigation Softwareやステレオカメラ、コントローラーハードウエアなどで構成される映像解析システム「Vision-based Navigation System for AGV」を提供。今後についてキヤノンは「Visual SLAM技術の展開の幅を広げ、『移動ロボットの眼』をAGV・AMR分野のみならず、様々な用途で活用されるサービスロボットやドローンに搭載することを目指す」とする。

(2020年8月25日号掲載)