News

ダイヘン、Welbeeリモートコントローラ

メーカー名商品名
ダイヘンWelbeeリモートコントローラ

タブレットで品質管理

290

 ダイヘン(大阪市淀川区)は、タブレット端末を活用した溶接品質管理ツール「Welbeeリモートコントローラ」を製品化した。デジタル溶接機Welbeeシリーズに、拡張ボード、もしくはイーサネットボードを搭載して使用する。
 タブレット端末に、専用のアプリケーションを取り込むことで最大8台の溶接機操作を可能にした。ケーブルに接続する必要がないため、持ち運びやすく、端末の画面は「従来操作に慣れてこられた方も違和感を受けることのないデザイン」(溶接機事業部・企画部)に設計した。
 管理機能として、溶接条件やファンクション機能の設定・バックアップのほか、機体ごとに加工結果や異常ログの保存ができる。管理メニューから▽溶接回数▽ワイヤ消費量▽総溶接時間▽モニタ(平均電流・電圧)-を計測するモニタリング機能も備えている。
 リアルタイムで溶接電流と電圧実測値を表示するオシロスコープ機能は、グラフで溶接結果が見られるため、ひと目で状況把握できる。溶接機に拡張ボードを組み込めば、過去の結果も確かめられる。
 エラー内容の説明やトラブルも端末画面上で確認。「これまで取扱説明書を片手に行ってきた溶接機の操作、トラブルシューティングからお客様を解放し、万一のトラブル時には迅速な復旧を実現する」という。