News

コロナ、大能力タイプ多機能加湿装置

メーカー名商品名
コロナ多機能加湿装置「ナノフィール」

最大300平米に対応

28916

 コロナ(小林一芳社長)は、多機能加湿装置「ナノフィール」に、最大300平方㍍の空間に対応する大能力タイプを追加、2021年4月から発売する。
 「ナノフィール」は、マイナスイオン発生技術を用いて水分100%のマイナスイオン (ナノミスト)を大量に発生させ、「加湿」「消臭」「除菌」「空気清浄」の効果を生み出す、 1台4役の多機能加湿装置。空気中の菌やニオイのもと、花粉などをナノミストに取り込み、加湿とともに空気をキレイにする。
 給水・排水を自動で行うため給排水の手間がかからず、一定時間ごとに機器内部の水を入れ換え清潔さを保つ。また水の入れ換え時も運転を停止せず加湿し続けることを可能にしている。機器内部の給水経路には銀イオン発生ユニットを搭載。除菌効果を高め、機器内部に取り込んだ菌や、臭いや汚れのもととなる菌を抑制する。
 「新製品の大能力タイプは従来の据置型ナノフィールでは複数台の設置が必要な広い空間でも対応可能。設置台数を減らすことができるだけではなく、配管工事などの設置に伴う費用も抑制できる。医療・介護福祉施設やスポーツ 施設、教育施設、オフィス等、多くの人が集まる空間を快適な環境に保つ」(同社)

(2020年10月10日号掲載)