News

フルタ電機、フォローウインドFW213h/FW211h

メーカー名商品名
フルタ電機フォローウインドFW213h/FW211h

省エネフォローウインド

293

 フルタ電機(本社・名古屋市、古田成広社長)はこのほど、夏場の工場内暑熱対策に実績あるフォローウインドの新製品として、省エネ性能を高めた「フォローウインドFW213h/FW211h」を開発、6月から発売する。
 同製品は、35Wの電力で風速1mの風を16m先まで送風可能。また、配線工事の接続ミスをし難い構造を採用し、天井スペースの問題等で設置が難しかった環境でも、ダクト配管レス工場内スポット送風を可能とした。加えて、52デシベルという騒音値を実現する。
 また、様々な使用環境に配慮し、三相200V仕様に加え単相100V仕様を用意。地震等による落下事故対策にも配慮している。
 価格は「FW213h」が6万8000円、「同211h」が6万9800円。同社では、(1)製造ラインでのスポット送風(2)環境に配慮した場所への連続送風③屋上扇や集塵機に向けた送風―等の用途向けに積極的な販売活動を展開する。