News

ベッセル、「飛び跳ねたくなる」導電性マット

メーカー名商品名
ベッセル導電性マット

立ち作業の足腰を楽に

2970

 ベッセル(大阪市東成区)は、立ち作業の負担軽減が可能な導電性マットを開発した。表面の凸部分がクッションになり、「飛び跳ねたくなる心地よさ」(企画開発部)という。
 クリーンルーム、電子部品工場の組立ライン、セル生産台での作業を想定して製品化した。導電不良の原因となるゴミやホコリが見えやすいライトグレーを採用。静電気(ESD)対策した床であれば、そのまま置いて使える。 同社は「長時間立ち続けたときの脚部への負担が疲労感となり、作業効率の低下にもつながる」として、表面凸部分のエアーポケットで衝撃を吸収し、荷重を分散させる構造にした。
 電気抵抗値は1.0×910Ω以下。均一で安定した導電性能を保つことで、静電気による不良を防止する。サイズはセル生産台に合わせて、足元に余裕のある900×600mmに設計した。