News

ゼネテック、マザックユーザー向けソフト2製品

メーカー名商品名
ゼネテックオンラインソリューションソフト「CamLink」、ポストプロセッサ

編集・通信等のオフラインソリューション他

2983

 ゼネテック(東京都新宿区)はヤマザキマザック社製の工作機械ユーザーを対象としたソフトウェアシステムを2製品、1月15日からリリースした。
 ひとつは、マザック社製工作機械に搭載されているCNC装置「マザトロール」の環境をパソコン上で表現し、パソコン上で対話プログラムの作成や編集、データ通信が行えるオンラインソリューションソフト「CamLink」。2次元、3次元のCADデータを活かした効率的なプログラム作成が行える。世代ごとに形式が異なるマザトロール言語の相互変換機能を持ち、新世代マザトロールから同旧世代への言語変換も可能。これにより様々な世代のマザトロールを使うユーザーにおいて、プログラムの相互運用が実現できる。価格は基本モジュールで30万円から。
 一方で3次元CAD/CAMシステム「Mastercam」で作成したツールパスをマザトロール言語に変換・出力するポストプロセッサも販売開始した。EIA/ISOオプションを搭載していない機械においても、Mastercamを利用し高効率に加工プログラムが作れる。価格は3軸加工用システムで36万円。5軸加工用や旋盤加工用なども対応する。