News

東日製作所、軸力安定化剤の国際特許取得

3050

 東日製作所(東京都大田区)は軸力安定化剤「Fcon」の特許を国内に続き欧州特許庁からも取得した。同製品は2001年の発売来、1300箱(90グラムボトルが10本入り)以上の販売実績があり、今後は海外展開に注力する考え。
 Fconはねじ締付け管理法で一般的なトルク法で、ねじ締付け力(軸力)のばらつきを最小限に抑え安定化させる。これによってより精度のよい締付けトルク管理につながる。従来技術としてマシン油や二硫化モリブデンのペースト、潤滑物質のコーティングなどの方法があるが、安定化性能が不十分だったり摩擦係数が低いため緩みやすかったりする欠点がある。同社は「適度な摩擦係数であり、ねじ摩擦面へ直接塗布できるため剥離の心配もなくメンテナンス時におけるねじ部品の再利用にも対応できる」としている。