News

広島機工商組合「提案に専念し、日本回帰を着実に」

 広島県機械工具商組合の賀詞交歓会が1月6日に広島市内で開催、正会員、賛助会員など91名が出席した。
 下河内一成理事長は、「今年は、ものづくり企業の日本回帰への節目の年になるかもしれない。メーカー・卸・販売会社3者が協力し、生産性向上に貢献する製品の提案・提供に専念し、日本回帰の足がかりを着実のものにしていこう」とあいさつ。共々の飛躍を誓い合った。