News

岩崎電気、横浜スタジアムのLED受注

3230

 岩崎電気(東京都中央区)はプロ野球球団の横浜DeNAベイスターズのホームグランド「横浜スタジアム」(横浜市)のナイター照明設備のLED化を受注した。プロ野球の屋外ナイター照明が全面的にメタルハライドランプ(HID)からLED化されるのは日本で初めて。
 既設のHID1500W投光器708台を、効率の高い高演色形LED投光器(=写真、LEDioc FLOOD DUELL)660台に交換し、総消費電力を56%削減する。プロ野球で必要な空間照度や照度均斉度を向上させ、眩しさは既存照明より抑える。採用するLEDはハイビジョン撮影に対応した平均演色評価数Ra80で、スーパースロー再生で用いられるハイスピードカメラ撮影時のちらつきも独自の電源回路設計で防止する。瞬時点灯や調光機能(100−25%)をもつため、他のイベントなどにも活用が期待される。LED照明は今年のシーズンから使用される。