News

シチズンマシナリーミヤノ、台中にテクニカルセンター

3237

 シチズンマシナリーミヤノ(中島圭一社長)は、台湾の現地法人(Cincom Miyano Taiwan Co.,LTD)の新拠点として今年1月、台中テクニカルセンターを開所、1月10日には盛大に開所式を行った。
 ショールームに複合加工機などを常時展示予定。テストカットを行うほか、代理店教育、同営業支援などとして活用する。代理店によるビフォー・アフターサービスを強化し、現地での競争力向上につなげる。
 台湾では部品加工業の中国からの回帰が見られ、特にインフラ整備が進む台中地区は、土地価格が高騰する台北と比べ「多くの顧客が進出し、引き合いが増加している」という。
 台北のテクニカルセンターや日本本社にあるソリューションセンターなどとの連携も図る。インターネットを使った独自システム(alkapplysolution)で拠点間の情報受発信を密に行い、台湾特有及びグローバルに共通した技術・ノウハウを有効活用する。