News

大鳥機工、ガーダーラジアルボール盤を発売

メーカー名商品名
大鳥機工ガーダーラジアルボール盤

走行距離やレール幅のオーダー対応可能

3528

 大鳥機工(本社・鳥取市)はラジアルボール盤シリーズの新機種として、「ガーダーラジアルボール盤」の受注活動を始めた。
 同機は工場床に設置したレール上を自走しレールを跨いでいるベース内も主軸ヘッドが移動し範囲内のワークの穴明け加工をする。受注生産で走行距離やレール幅のオーダー対応可能。主に既存設備更新を対象とするが、「新規設備も相談に応じる」(同社)という。
 同社では、インフラ関連をはじめ、大型・ 長尺ワーク向けに需要を見込み積極的な販売活動を展開する方針だ。