News

永大産業、FSC―CoC認証を取得

 永大産業(大道正人社長)は化粧パーティクルボードとしては国内初となるFSC︱CoC認証を取得したと発表した。同認証は、世界的な森林認証機関「森林管理協議会(FSC)」による認証材が、製品の中に一定以上使用され、なおかつ製造から流通までの全過程が適正に管理されていることを証明するもの。
 認証製品にはFSCミックス品の表示を行う。FSCミックス品とはFSC認証材、管理木材(違法伐採でない木材)、リサイクル材(建築解体材等)からなる製品のこと。素材パーティクルボードの全製品(Pタイプ=フェノールを除く)と化粧パーティクルボードの全製品(NQシリーズ=防湿シート仕様を除く)に対応する。
 同社では「原材料である木材チップの集荷から化粧パーティクルボードまで、一貫生産できる体制を整えている当社が認証を取得したことにより、FSC認証材の活用に貢献できる。国産材の利用促進、地産地消の取り組みにつなげていきたい」としている。今後は環境意識の高いユーザーに対し働きかけを強め、FSC-CoC認証のパーティクルボード製品の拡販を推進する。
 現時点ではFSC認証材は岡山県産の国産材を使用しており、「今後は供給源を他のエリアにも拡げていく」(同社)としている。