News

ダイキン工業、3年連続で省エネ大賞受賞

 ダイキン工業(十河政則社長兼CEO)の冷暖フリービル用マルチエアコン「Ve-up ⅣR(ヴィアップフォーアール)」シリーズが、(一財)省エネルギーセンターが主催する平成26年度省エネ大賞(製品・ビジネスモデル部門)「省エネルギーセンター会長賞」を受賞した。同社の省エネ大賞受賞は3年連続となる。
 「Ve-up ⅣR」シリーズは、1つの冷媒系統で冷房と暖房を同時に運転することができるビル用マルチエアコン。室外ユニットの熱交換器1面を凝縮器と蒸発器に分ける上下2分割構造を採用しており、冷房運転時の排熱を暖房運転で効率的に利用できる。冷暖房同時運転時のエネルギー消費効率(COP)7.4を達成しており、省エネチューニング機能により冷房時では約10%の消費電力を削減できる。