News

YAMAZEN、ジェネリック家電製品大賞を受賞

3391

 山善家庭機器事業部(麻生太一事業部長)のオリジナル家電2製品が、第2回「ジェネリック家電製品大賞」にて、大賞及び生活家電部門賞を受賞した。
 同賞は、大手家電メーカーの製品と同等の性能を持ちながらリーズナブルな価格の「ジェネリック家電」について、ジェネリック家電推進委員会が集英社「週刊プレイボーイ」とコラボして表彰する、総合家電アワード。2014年中に発売された商品の中から大賞を含む4部門を選考し、受賞結果は2月16日発売の集英社「週刊プレイボーイ」にて発表された。
 大賞及び生活家電部門賞を受賞した山善の「LEDミニシーリングライトシリーズ」はシリーズで合計30万台を販売するヒット商品。リーズナブルながら、人感センサーや点灯照度センサーを搭載した高性能な商品も展開している点等が評価され、受賞に至った。山善では「階段付近、脱衣所などのお風呂場周辺は家庭内事故の発生率が高い場所。高齢者の事故を減らしたいという思いから開発した」としている。
 同程度の明るさの白熱電球と比較して、80%程度の節電を実現。工事不要で、天井照明の交換が苦手な女性や年配の方でも簡単に取り付けられる。
 また、生活家電部門賞を受賞した「リビング扇風機AKシリーズ」は2014年度にシリーズで25万台を売り上げたヒット商品。大手家電メーカーのエアコンと併せて「納涼節電セット」として販売されるなど、大手メーカーとの共存の道を示した業界貢献度等が評価され、受賞に至った。

(画像=LEDミニシーリングライトシリーズ【MLC-S11L】)