News

ヤマハ発動機、スカラロボットから全方位タイプ

メーカー名商品名
ヤマハ発動機スカラロボット「YK−Xシリーズ」

「トップクラス」の可搬5kg

3453

 ヤマハ発動機(静岡県磐田市)は、スカラロボット「YK-Xシリーズ」から全方位タイプを発売した。電子部品に代表される小型部品の搬送・組立工程の高速化、装置の小型化から生産性向上を図った。
 ±225度の広いアーム旋回角度をもった天吊りタイプとして、本体下方φ700mmの全範囲にアクセス。スペースの有効活用で設備全体の小型化を可能にした。同じ動作範囲と設置タイプのスカラロボットの中で「トップクラス」とする可搬質量5kg仕様も特長に挙げる。
 内部重量バランスとポイント間の経路動作を最適化することで、同社従来機種比でサイクルタイムを20%以上縮めた。繰り返し位置決め精度は、XY軸とZ軸が±0.01mm、R軸が±0.01度。軽量物の搬送工程だけでなく、小型部品の組立工程でも時間短縮できる。販売価格は、ロボットケーブルとコントローラのセットで税抜179万円。国内外で年間100台の販売を見込んでいる。