News

シャープ、2倍容量の蓄電池システム

メーカー名商品名
シャープクラウド蓄電池システム

ネット使い細かく管理

3468

 シャープ(大阪市阿倍野区)は2月23日、太陽光発電と蓄電池を1台で制御でき、蓄電池の容量を従来製品の2倍に拡大した「クラウド蓄電池システム」を5月26日に発売すると発表した。インターネットを利用して情報を管理するサーバーと連携し、電気料金プランの多様化や季節・時間帯によって変化するユーザーの電力使用に合わせてきめ細かなエネルギー管理を実現するという。
 リチウムイオン蓄電池本体の容量は9・6kWhあり、停電時の安心感を高めるとともに平常時に発電した電力を自家消費するのにも向く。2つのユニットに分けたことで壁コーナーにL字に置くことも可能で、「大容量システムながら簡易基礎を使って1回の施工で設置できる」と言う。パワーコンディショナーの定格出力は従来機より30%アップの5・5kWとし、1回路多い3回路入力としたことで屋根面数が多い寄棟屋根などにも本機1台で対応できる。
 システムの希望小売価格は税別356万円。家庭用パワコンと同等の国内シェア30%強にあたる年間1万5千システムの販売を目指す。