News

京セラ、蓄電システム2機種を製品化

メーカー名商品名
京セラ蓄電システム2機種

パワコン一体化で充電効率向上

 京セラ(山口悟郎社長)は、国内住宅用リチウムイオン蓄電システムにおいて、太陽光発電電力の自家消費ニーズに応える2機種を製品化し、6月から順次販売する。受注・販売は国内販売会社の京セラソーラーコーポレーション(後藤政治社長)が行う。
 「マルチDCリンクタイプ」は太陽光発電システムと蓄電システムのパワーコンディショナを一体化した新機種。太陽電池で発電した直流電力をそのまま充電できるため、交流・直流の変換によるロスが解消され、充電効率が従来品の89・8%から96%へと大幅に向上した。さらに太陽電池で発電した電力をまとめる接続・昇圧ユニットの機能も蓄電システムに内蔵しており、トータルの設置スペース・コストも削減できる。希望小売価格(税抜)は300万円、8月31日発売予定。
 「大容量タイプ」は同社従来品と同等サイズながら、従来品比約1・7倍となる国内最大クラスの蓄電容量12kWhを実現。できるだけ多くの余剰電力を売電する設定や、購入電力を減らす設定など、ユーザーの生活パターンや目的に合わせて、設置工事時に最適な設定を選べる。希望小売価格(税抜)は370万円、6月1日発売予定。