News

コロナ、冷温水システム「コロナエコ暖クール6.7」

メーカー名商品名
コロナ温水温風暖房システム「コロナエコ暖クール6.7」

4月発売へ 環境と家計のエコ両立

3476

 コロナ(内田力社長)はヒートポンプを利用した温水温風暖房システム「コロナエコ暖」を拡充強化し、新たにヒートポンプ式冷温水システム「コロナエコ暖クール6.7」を今年4月1日に発売する。
 ヒートポンプを利用し、環境性に優れランニングコストも抑えられる冷温水冷暖房システム。輻射方式により冷房と暖房を行う「冷温水輻射パネル」と接続でき、自然な涼しさや暖かさを供給できる。夏は冷水、冬は温水を循環させ、室内全体をほぼ均一な温度に保つ仕組みだ。接続は床暖房、パネルコンベクター、ラジエーター(密閉配管式の場合)、温水ルームヒーター(半密閉配管式の場合)とも可能。
 メインリモコンは大きなスイッチを採用し操作性を高めた。また新冷媒HFC32(R32)を採用し、地球温暖化係数を従来の冷媒(R410A)と比べ約3分の1に低減している。HEMSネットワークにも対応。
 北海道や北東北で広く使われる密閉配管式と、東北以南で多く使われる半密閉配管式の2機種を用意。定格暖房出力で6・7㌔ワット、同冷房能力で5・0㌔ワット。本体希望小売価格は密閉配管タイプで48万、半密閉配管タイプで46万円。