News

360度高解像度録画する監視カメラ、ドッドウエルが実演

3480

 デジタルセキュリティー機器販売のドッドウエルビー・エム・エス(東京都中央区)は360度の空間を高解像度録画できる監視カメラ「マルチアイカメラ」を、初出展した展示商談会「静岡どてらい市」(3月1日まで静岡市で開催)で実演し、来場者の注目を集めた。東京五輪に絡み公共施設での利用やテロ懸念が高まっていることを受け、監視カメラの需要が高まっている。
 工場やオフィスに向くマルチアイカメラは、メガピクセルカメラ(1.3M/5.0M)と特殊全方位レンズを用いて空間全域を1台で録画する。撮影範囲の限られた従来のカメラでは死角をカバーするのに複数台の設置が必要だった。全体像(魚眼映像)のほか任意の4カ所の分割、指定範囲のズームなど多様な画面表示の切替がライブ・録画ともに可能。同社は「防犯向けが一番だが、近年のフードディフェンス(食品への意図的な異物の混入防止)を目的に食品工場などでも引き合いがあり、管理が行き届いていることを対外的にアピールするのにも役立ててもらっている」と言う。