News

ダイキン工業、「はやぶさ」の技術でピークカット

ルームエアコン適用へ、技術検証

 ダイキン工業(十河政則社長兼CEO)はこのほど、(独)宇宙航空研究開発機構(JAXA)が公開している「小惑星探査機『はやぶさ』発の技術を応用した電力ピークカット制御の技術」を、ルームエアコンへ適用する技術検証を開始した。
 同技術は、「はやぶさ」が宇宙空間で限られた電力を有効利用するために開発された技術を基に、それぞれの機器が独立して並列にピーク電力を下げる制御法を、家電機器の消費電力ピークカット制御に応用するもの。家庭内の照明、冷蔵庫やエアコンなどの機器に優先順位をつけ、同時に消費電力を制御することができる。
 この技術は、すでにリモコンなどで使われている赤外線通信の技術を利用し、電力消費を抑えるための制御信号を一斉送信するシンプルなシステムで、高速なデマンドレスポンスの実現が可能という。
 大掛かりな追加投資をせずに短期間で効果を出すことができるとみられており、「通信インフラに課題があり電力需要が増大する新興国においても、使用電力量の低減や電力の安定供給が期待できる」(同社)という。