News

マンション5件目、バンコクで建てる三菱地所

 三菱地所レジデンスはタイの不動産デベロッパー「AP」と共同で、バンコク地下鉄ペチャブリ駅近くで大規模マンションを開発する。約68億バーツ(約250億円)の売上げを見込む。敷地約1.1ha、地上34階、総戸数1609。2018年3月完成の予定。両社の共同プロジェクトは5件目。両社はこれまでバンコク首都圏で4件、総戸数約3300戸のマンション建設に取り組み、2400戸以上を販売している。