News

三菱重工、独シーメンスと製鉄機械の合弁会社設立

フルライン供給体制で、グローバル展開

 三菱重工業はこのほど、ドイツのシーメンス社と、製鉄機械の合弁会社を設立することで合意したと発表した。新合弁会社は、日立製作所およびIHIが出資 する三菱日立製鉄機械と、シーメンスグループがドイツ、オーストリア、米国などに持つ製鉄事業を分割・集約することで、英国国内に2015年1月に設立。 出資比率は三菱日立製鉄機械51%、シーメンス49%とする計画だ。
製鉄機械事業における製品ラインナップの拡充とグローバル展開を加速するのが狙いで、新会社は製鉄プロセスの上流から下流までをカバーする製品をフルライ ンで供給する体制の整備と全世界を網羅する事業ネットワークの構築に取り組むことにより、「顧客に対し、より付加価値の高い製品・サービスを提供すること を目指す」(三菱重工)としている。
 新会社は、日本(東京/広島)、オーストリア(リンツ)、ドイツ(エアランゲン)、米国(ピッツバーグ)、中国(上海)、インド(ムンバイ)の6カ所に 地域拠点を置き、全世界をカバーする計画。製品ライン別の事業部は、東京/広島、リンツ、エアランゲンの3カ所に設置し、その他の三菱日立製鉄機械とシー メンスの既存事業拠点は、担当製品により、東京/広島またはリンツの傘下に入る予定。英国本社は、事業部も含め地域拠点を統括するとともに、販売・マーケ ティング・顧客管理、調達、製造、研究開発計画等の組織横断的機能を持ち、各拠点をバックアップしていく計画だ。
 新会社発足時の従業員は約9000人を予定しているという。
 世界の鉄鋼業界では、設備過剰、原材料コストの増大、製品価格低下などの影響により、設備投資意欲が低調に推移すると予想されておる。今回の合弁合意に ついて、三菱重工は、「製品拡充と事業拠点網の整備により事業強化を目指す三菱日立製鉄機械と、事業ポートフォリオ見直しのなかで製鉄機械事業の体質改善 を急ぐシーメンスの両者の狙いが一致したことにより実現したもの」と説明している。